0120-158-483

さらに安くするポイント

2016.11.08

ハウスメーカーではなく直接解体業者に依頼する

%e5%80%89%e6%95%b7%e5%b8%82%e6%9e%97%e3%80%80g%e6%a7%98%e9%82%b83

解体費用を少しでも安くしたいのであれば、ハウスメーカーに依頼するのではなくて直接、解体施工業者に依頼するという方法もあります。

ハウスメーカーに直接依頼するとアフターフォローなどの面では安心できますが、実際の施工は下請けの解体業者にまわすため中間マージンが発生しまいます。ハウスメーカーが下請けの解体業者にかけるマージンは概ね20%から30%といわれており、解体業者が100万円の見積を出せば最終的な請求額としては120万円から130万円に及びます。

身近に信頼できる解体業者がいたり、知人や友人から紹介してもらえることがあれば、ハウスメーカーには頼まずに直接解体業者に依頼するのも一つの手です。

解体屋ナカダではハウスメーカーを通さなくても納得のサポート体制で高い品質の解体を実現します。

 

収集・運搬費/処分費を軽減するために自分で片づける

db2f341a97a0b6681ece0e57d279821b_s

建造物の大きさは同じで解体する規模が変わらなくても、建物の中に収容されている家具や家電、ゴミが多ければ多いほど、収集・運搬費や処分費が高額になってしまう傾向があります。

こういった残存物の処分を業者に任せるのではなく自分たちで処分してしまうことで見積金額を下げることができます。

使わなくなった家具や布団、衣類などは市町村などに無料で回収してもらうことができるし、鉄やアルミ、ステンレスなどの金属・鉄類がたくさんある場合には鉄・スクラップ業者に持ち込むことでkg/何円で買い取ってくれることがあるので、処分費をカットするだけでなくいくらかのお金に換えることができます。

またダンボールや新聞紙、紙類が大量に残されている場合には、古紙を回収しているステーションに持ち込むことで無料で処分することができます。

助成金を利用して解体費用を大幅削減

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

解体費用を大幅に削減する手段として市町村の助成金を受けるという方法があります。古くなった建物や使われなくなって放置されている空き家が問題になるようになって久しいですが、こういった空き家が利用されずに放置されれば国内の経済が活性化せず、また老朽化して倒壊の恐れが生じてしまうと周辺地域に大きな不安や危険を及ぼすようになります。

こういった問題に対する対策として、市町村などの自治体が解体にかかる費用を助成する制度があります。解体(除却)に対して一定の条件を当てはまれば、解体にかかる補助金を受け取ることができます。この制度は全国ほとんどの市町村で採用されているので、解体したいけれどお金がないという人にはおすすめの制度といえるでしょう。

倉敷市でも倒壊しそうな老朽化した危険な物件に対して助成金事業を行っています。解体屋ナカダでは倉敷市における解体工事に関する助成金制度についてお客様をサポートします。

解体費用は木造→鉄骨→鉄筋コンクリートの順で高くなる

28f500fc26eada1ad829fccf60c48b7f_s

木造住宅は破壊が容易なので解体費用の単価がもっとも割安です。鉄骨造りは破壊が容易ではありませんが、建設資材の再資源化の観点からいうと、リサイクル率が高いので木造と比べてそれほど費用の違いはありません。

ただ鉄筋コンクリートは破壊が困難なうえに騒音や振動を多く発生させ、分別解体にも労力がかかるので解体費用は高額になる可能性が高いです。